ホーム
新着情報
年間予定
展示
利用ガイド
リンク
  
 

 1階ロビーでは、丸山古墳と長縄手遺跡の出土品を展示をしています。

  2階展示室では、備前焼の歴史を紹介するコーナーをはじめ、

 備前市内の遺跡から出土した資料を展示しています。






                               

   建水(けんすい)    江戸時代前期

   窯焚き途中の崩落事故で焼成不良品になった建水です。

   建水は茶の湯で茶碗をすすいだ湯水を捨てるための器で、口縁部を反らせる形や胴体の中央部をくぼませる形など数種類あります。 昔は「みずこぼし」とも呼ばれ、現在でも「こぼし」とよばれることもあります。   


 

 茶入蓋(ちゃいれぶた) 

   茶入とは、抹茶をいれるための茶器のことです。その蓋のことを、茶入蓋といいます。茶入蓋には、本来象牙を使うのが主流ですが、まれに、備前焼のように違う素材で作られたものもあり、とても珍しい出土品です。

    

 香合(こうごう)  江戸時代 

      お茶室で焚くお香を入れるための器です。お茶をたてる前にお湯を沸かします(炭手前)。その時にお香を焚きます。

  最近のお茶会では、炭手前をやらない場合もあり、その時には、お香を入れた香合を床の間に飾ります。  香合の備前焼が作られ始めたのは、桃山時代からといわれています。